NTT国際通信

NTT国際通信は、NTTコミュニケーションズグループの
高品質なデータセンタービジネスを支えています

トピックス

TOP > トピックス一覧 > NTT国際通信のご紹介

NTT国際通信のご紹介

2008年10月2日
NTT国際通信株式会社

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)グループのグローバルデータセンター事業を集約・推進していくため、新たな体制で活動を始めたエヌ・ティ・ティ国際通信株式会社(以下、NTT WT)をご紹介させていただきます。

海外データセンター事業を一元化

NTT Comの海外グループ会社がそれぞれに展開していたデータセンターの調達・品質管理などを一元化し、グローバルに統一されたサービス品質管理やプロセスの標準化を実現するため、新体制で業務を開始いたしました。

現在までに、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、マレーシアに支店を新設し、NTT WTのデータセンターを稼働させています。

昨今の世界的なデータセンター需要の高まりを契機に、ワールドワイドで大量調達を行うことによるコスト低減、一元的な管理による品質の向上を目的として、新たなビジネス領域へ踏み出しました。

最近では、米国の企業がアジアマーケットに進出し、自国と同レベルのIT環境を求めてデータセンターを利用するケースも珍しい事例ではありません。このため、世界規模でお客様のご要望に高レベルで応えていく必要があります。そこでNTT Comグループは、日本でも一般化したアップタイム・インスティテュート (データセンターに関する問題を研究してきたアメリカの民間機関)等の評価基準に、NTT Comグループが積み上げてきたノウハウや技術を生かした基準を加えることで、独自のスタンダードを策定しました。これに基づいて、"NTTクオリティ"の高品質データセンターをワールドワイドでお客様に提供する体制を構築いたしました。

データセンター事業のグローバルな展開を目指して

再稼動して間もない会社でありますが、新しいメンバーも加わり、そのスピードをますます加速しております。世界を相手に事業拡大を目指すNTT WTの今後の目標として、データセンター事業がNTT Comグループの事業の柱の1つとなるように成長させていきます。

そのためには、高品質なデータセンターを世界中でボーダレスに提供・運用できることが重要です。

NTT WTが調達したデータセンターが、日本や世界のお客様に評価していただき、NTT ComグループのICTソリューションをより多くのお客様にご利用いただき、より多くのお客様にご満足いただけることを今後も目指してまいります。

Copyright © NTT Worldwide Telecommunications